<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『亀ちゃんとの出会い』 | main | 『「野ブタ。」 裏感想 NO.9』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『「野ブタ。」をプロデュース 第9話』
修二〜〜!なんてなんて愛らしい笑顔〜〜〜!
いきなり最後の彰とじゃれてるところからの感想です。すまんです^^;
でもでも本当に愛らしい心からの笑顔で胸が一杯。ちょっと込み上げて来ちゃいました。
「ここに居るかぎりオレは道に迷う事はないだろう・・・」って、やっと本当の自分で歩き始めて、あんなにうれしそうなのに、なぜになぜに転勤>< そんなぁ・・・。そうとも知らず、はしゃいでいる笑顔の修二・・・(涙) あんなに苦しんでやっとなのに。あの笑顔を、またまた切ない顔にはしたくないなぁ。もうこのまま修二をここで歩かせて欲しい。 もうひとつ修二には乗り越えて行かなくちゃいけないものが待っているってこと何ですかね・・・。 さらに成長する修二って事で見守っていけばいいのか? うー、きついな。
すみません、今回の感想すっ飛ばし、早くも次回のことで・・・。
(今回がひと段落した内容だったのでつい^^; どこまでも修二目線・・・笑)

では、改めて・・・第9話へ
屋上へ彰と信子をひっぱってく修二。(かわいいな^^)そこでコブタのお守りをちゃんと渡しますが、照れちゃってなんだかぎこちなくぶっきらぼう?(笑) 
「何のお守り?」
「友情とか・・・そんなんじゃない?」 (ムフ かわいい)
「お母さんが勝手に送ってきたやつだから」とか「俺が買って来た訳じゃない」とか何度も言っちゃってましたね・・・修二らしい(笑) 精一杯の二人への愛の告白デス。

教室では、勇気を出して明るく「おはよう!」と言うも・・・(えらいぞ!修二!^^)
「オレは相変わらずクラスの連中に無視され続けている。それは、まぁいい。」(!) (修二の心配は、自分の事よりも信子のこと。カスミの存在なんですね 涙)修二本当に見事な成長で、元々持っていた心の優しさが発揮されております。 前回の“彰と信子の二人が信じてくれてればそれでいい”という思いを実践している修二が愛しいです。でもだからと言ってクラスメートに対して、卑屈になる事もなく、へこむことなく健気にがんばっている姿が素晴らしい! 人に嫌われるのをあんなに怖がっていたのに・・・ちゃんと乗り越えて、本当の自分で生きております。

カスミは本当にこわかった>< 不気味〜〜〜
修二の家にまで来て(こわ〜)、笑顔一杯でご飯作って、渡していったのは暴露写真><
ヒ〜〜、こわいよ・・・。修二にはたまったもんじゃありません。大切な家族にまで近づいてきて、不安な気持ちをかき立てられますよね>< 声を荒げてカスミの作った物に「やめろって!」って言うのも、それを捨てちゃうのもよーく分かります。カバン投げ捨てて部屋を出て行ったり、家であんな風に怒ったのって初めてじゃないですか?(駄々もこねたことない修二だし・・・まぁ、コウジにはたまに怒ったりしてたけど^^;)

信子に本当の事を知らせない為に渋々4人でのプロデュースが始まって、でもカスミのやり方は信子には合ってなくて・・・。 修二の言う「野ブタ。らしさ」が全然なくなっちゃったんですね。やっぱりその人の個性、キャラを生かさないとダメなんだな〜。(あ、この時、お昼を修二が彰と一緒に食べてるのが新鮮でした^^ うれしー) 信子もムリしてるようで、「やめたい」とカスミへ。「甘やかすな」「それじゃ人間は進歩しない」と言うカスミに対して、修二は「俺はそうは思わない」 「我慢したり辛抱したりしてるから、人に優しくできないイヤな人間が出来んじゃないの?」 んふ。実感こもっとります。ちょっと前の自分の事か?^^; 「おれも人に優しくされたいし・・・だからこれから先は出来るだけ人には優しくしていこうと思ってる」 カスミ痛いとこつかれたようで・・・そうするとこの人、今度は必ず彰のとこ行くんですよね>< そんでまた例の写真話・・・もう〜!でもさすが彰にはもう一切通じませんがな。「人は試すもんじゃない」「愛を持って育てるものだ」(彰さすが〜^^)って軽くいなされちゃってましたね。カスミ、だんだん形勢不利?

結局信子にもペンキですぐバレちゃって、ついに信子も全てを知ることに・・・。
このショックは計り知れません。学校も行けなくなっちゃいますね(涙)でも今回まりこが居てくれて救われましたー。信子を励ましてあげて、さらに修二と彰にもフォローしてあげて。なんて心の優しい子! 修二に言った「大丈夫だよ・・・」の言葉は信子のことと合わせて、自分の事も言ってるかのようで、涙。笑顔で言えたまりこはすごい!えらいぞ。優しい人は強いんだな。

信子を励ますためのビデオ作りを思いつく修二!!
みんなの前で頭を下げて・・・すごい勇気(涙)
「今、こうしてオレの言ってる言葉がみんなに届いてないと思うと怖いです。死ぬほど怖いです。」 うん・・・でもその必死さはちゃんとちゃんと皆に届いて・・・修二のきれいな目がウルウル(TOT) よかった。本当によかった。 信子もまた元気に学校に来てくれたし、よかったーと思ったら、拍手するクラスメートの中にちゃっかりカスミの笑顔・・・>< ヒ〜〜こわいっつーの!

ここからは摩訶不思議な世界で・・・4人で同時に同じ夢を? 正夢? 
ここら辺はあまり深く考えないで、これをこのまま受け入れればいいんですよね?
確かなのは、カスミはやっぱり連れ戻してもらったんだと思います。“自分の事を覚えてて欲しい”ってカスミも寂しい人間なのかな? でも今回友達によって、取り返しがつかない場所から戻って来れたんだとカスミも感じたと思います。だんだん変わって行けるのかな・・?? 去る事にしたカスミですが、また最後までらしくて・・・^^; コブタのお守り、投げつけんでも・・・ひ〜やっぱりこわい。 (普通に返すのかと思ってた^^;)

最後、クラスでも話せるようになった修二がいましたね!!! よかった〜うれしぃ〜〜
でも、「人気者の修二クン」ではなくて、普通の素朴な修二って感じで、とっても微笑ましかったです^^ そうそう!それそれ〜〜^^
そして、彰宅に集まり冗談を言い合いワイワイ騒いでる姿は、本当に楽しそうで「お願いだからこのままで。このまま楽しそうに。どうか引き裂かないでー」と懇願^^; 「ここに居るかぎり、オレは道に迷う事はないだろう」ってやっと自分の居場所を見つけたのに。大きな壁を乗り越えて見つけた大切な大切な温かい場所なのに。(冒頭の感想に戻っちゃってるよ・・・すみません^^;) どうしてこれ以上修二にせつない思いを? わ〜〜ヤダーー><
あの本当に心からの愛らしい笑顔を奪わないで・・・(涙)

次回最終回は、修二のさらなる成長と信じて(そう思わなきゃ見れません><)、修二へ(そしてもちろん彰、信子・・全てのみなさんへ)最大級の敬意と愛をもって見守ろうと思います。 ハ〜〜修二愛しくて愛しくてたまりませんね・・・^^
(ついにラストかぁ・・・寂しいなぁ 早くも胸一杯だじょ^^;)
スポンサーサイト
| - | 13:15 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:13 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:17 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:18 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:19 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:27 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:28 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:29 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:30 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:30 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:31 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:38 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/14 1:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kamechaniro.jugem.jp/trackback/11
トラックバック